日本語 | English

指定図書・貴重書

表示する対象を選択してください。

蔵経書院本(蔵経の部)
【ア行】
【カ行】
【サ行】
【タ行】
【ナ行】
【ハ行】
【マ行】
【ヤ行】
【ラ行】
【ワ行】

蔵経書院本について

・「蔵経書院文庫」、「日蔵既刊文庫」、「日蔵未刊文庫」の3文庫からなる蔵経書院本は、日本仏教各宗の開祖や高僧の撰述類を包容した貴重な典籍類です。
・大正3年2月に蔵経書院専務取締役松村甚左衛門氏より、日蔵既刊本は昭和8年4月に中野達慧師より本館に寄贈されたもので、日蔵未刊本は大正14年1月に中野達慧師より購入したものです。

【蔵経書院文庫】
京都蔵経書院の旧蔵書で、明治38年4月から大正元年にわたり、蔵経書院が刊行した『大日本続蔵経』の底本となった仏書4,270余冊と真宗関係資料721冊からなります。

【日蔵既刊文庫】
大正3年-10年、中野達慧編、蔵経書院刊『日本大蔵経』の底本と参考文献の収集798冊からなります。『日本大蔵経』は日本仏家300余人撰述の教典、律論および章疏等945部2,200巻の原典が編入された48巻の日本独自の蔵経です。

【日蔵未刊文庫】
『日本大蔵経』第2部の刊行を予定し、収集された底本類2,065冊からなります。


収録内容について

・2001年より京都大学電子図書館ウェブサイトで公開していた目録データを、2015年12月に蔵書検索データベースへ移行しました(公開当時フォントが無いため入力できなかった文字を一部修正しています)。
・目録は書名の五十音順に並んでいます。見出し文字をクリックすると、その文字から始まる書名が表示されます。
・「蔵経書院文庫」は[蔵経の部]に収録され、うち真宗関係資料は、[真宗の部]として独立して整理されています。[日蔵の部]には「日蔵既刊文庫」、「日蔵未刊文庫」の両方が、書名の五十音順に混排して収録されています。
・漢字表記は原則として資料の記載に従っています。フォントの無いものは●に置き換えています。
・資料の閲覧には事前予約が必要です。ご案内はこちら
Copyright 2001. Kyoto University Library